竜と勇者と配達人 感想まとめ

この漫画ほんまに面白いから記事でまとめておこうかと。

竜と勇者と配達人 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

竜と勇者と配達人 1 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

ハーフエルフの吉田ちゃんが見習い配達人として郵便物をお届けする物語。

RPG要素+中世ヨーロッパ要素(主に職業など)。

表舞台では語られない、裏方の人々にスポットを当ててるとのこと。

巻き込まれ主人公も大変面白いのだが、関わる人々も癖が半端ない(笑)

配達人として誇りを持ちつつも、人間味溢れる主人公は必見。

てか、RPG好きの人はハマる確率がかなり高いと思う。

現在、二巻まで発売してるよ(一巻読み終わって即買いに行った)

 

竜と勇者と配達人 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

竜と勇者と配達人 2 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

 

配達人と冒険者の活躍目覚ましい二巻だった。

年末はやはりどの時代でも忙しいということは大いに分かった(笑)

冒険者の最上級職の勇者の特権は確実にRPG設定だろ(ドラクエとか(笑))

そんな勇者様の中には伝説の勇者がいて、しかもとんでも組織を作ってるし。

役所の名の元に治安を守る表の仕事とその活動に反発する裏を牛耳る組織。

光と影が交錯する巻でもあって今後の展開が気になるな。

あと、おまけの考証局も個人的にツボ(笑)

 

竜と勇者と配達人 3 (ヤングジャンプコミックス)

竜と勇者と配達人 3 (ヤングジャンプコミックス)