神々の足跡を辿りまして 本編まとめ

▼本編時系列

*時代が古い順に並べています

【生誕時代】

〈天界〉

創造の神、死の神、天空の神、大地の神、知の神が誕生。最古神が揃う。

【創世記時代】

【大戦動乱期】

〈天界VS魔界〉

第四次天魔大戦開戦

〈the world〉カヴェア歴1000年~2000年

各地で大戦が勃発

〈魔界〉

現魔王に対する反勢力軍が各地で紛争。現魔王死去により新魔王が戴冠。

〈天界VS魔界〉

第四次天魔大戦終戦、平和条約締結。神々による「プレマネンス議会」発足、平和条約締結。以後、大戦は行なわれていない。

〈天界〉

the worldの大戦に月の神の関与疑惑浮上。起訴により失脚騒動に発展する。

→本編:神々の足跡を辿りまして 「月食 Ⅰ・Ⅱ」 - adan’s garden

後に、星の神と和解。月の神所属亜神エルが知恵の樹守護神として派遣。

〈the wprld〉新カヴェア歴1年~10年

「カルバ大戦」終戦に向けてカヴェア(ASC本部局長)を派遣、終戦する。

【新時代】

←本編:晩夏の雨音

「晩夏の雨音」
虚無ノ森にて輪廻の死神シンクラが散歩をしていると、幼い子供の姿を発見。ハロスと後のルーンヒル七王ハロラ兄弟が別荘から迷っていた。晩夏の一時に死神の祖と死神王家の初対面を果たしたのであった。

f:id:adan24:20180903225228j:plain

・不変化魔界

・葬送列車は空に鳴く

【現代】

・the world

・under the world

・ロストエデン