昨年度の神楽公演演感想 その2

感想の続きは以下記載↓

▼滝夜叉姫:下五原神楽団

第一声は光圀大丈夫か~?だった(笑)神社でも滝夜叉姫見たけどこの神楽団は滝夜叉姫が変身して美女になってたぶらかすシーンもバッチリ入ってるんですよ!(滝夜叉姫の知略もしっかりと見れるからいいんよね)

従者の夜叉丸と蜘蛛丸が鬼面付けてないからびっくり!終盤はちゃんと鬼に変身して大暴れやったけどね(笑)

最終的に激しい舞からの滝夜叉姫の辞世の句に涙目……あの世で家族と幸せになってほしいと素直に思った。一番好きな演目なんやけど、一番切ない気持ちになる演目。

 

日本武尊:玖島神楽団

この演目で日本武尊と初めて名乗って、伊吹山へ鬼退治に行くからほんまに行動力半端ない(笑)

日本武尊のイメージが「勇猛果敢」ていうイメージなんだけど、この演目はとにかく舞が激しい!見るほうもハラハラドキドキでほんまにかっこいい✨(この神楽団の舞人みんな若いからこそのキレもあったのかな)

日本武尊の演目見るなら絶対この演目から見た方がいいよ!

 

伊吹山:大森神楽団

今年の夏公演でも大暴れ?だった名物役者さんがこの演目でも大暴れ(笑)日本武尊が主役なんだけど家来があの名物役者さんだからもうてんやわんや(笑)これも今時の神楽ということでいいのかな(笑)

見どころは、悪鬼→悪蛇(八岐大蛇級の大きさ)→悪狐→悪鬼と術を駆使して姿が目まぐるしく変化するんですよ!早着替えもすごいけど衣装とか本当に素敵。

悪役が一番光る演目だったので結構好きですよ(笑) 

 

 

▼前回の記事

adan24-paradise.hatenablog.com