昨年度の神楽公演演感想

昨年度の神楽公演の感想を書いた紙があるので

今年度の夏公演と合わせて感想をまとめてみようと思う。

www.hatsukaichi-csa.net

 

▼儀式舞 四方祓い:水内神楽団

夏公演で見た「神迎え」と同じく四方の神々をお迎えをして、舞殿を清める儀式。

違いと言えば、神迎えは四人舞人で四方を清めていたんだけど、この四方祓いは1人の舞人が四方を舞いながら清めている点。

まぁ、この舞いを任される人は見るからにベテランの方々で、大体共演する神楽団の中で年長の神楽団が任されてるように思う。それだけでどれだけ大事な儀式なのかは分かる。

舞いは本当に神聖性が高くて素晴らしい舞いでした。

 

ここからが神楽公演本番。演目の内容はこちらで↓

www.hiroshima-kankou.com

 

▼塵倫:吉和神楽団

他の演目では宝剣など剣が主役なんだけど、この演目は塵倫(異国の悪鬼)に破魔矢で退治に行く。なので剣ではなく弓矢を持って舞が行われて、ほんまにかっこいい。

背景の幕越しに塵倫と高麻呂が対峙するんだけど、タイミングよく二人で幕越しに回る回る(笑)ドライアイスによる黒雲演出、塵倫が矢に苦しむ演技あ見事だった。 

 

葛城山(=土蜘蛛):水内神楽団

源氏の宝刀「膝丸」が「蜘蛛切丸」となった有名な演目。刀剣乱舞の膝丸を知っている人は歓喜だね(笑)

小道具がとにかく使われる演目だったな。土蜘蛛が合間に蜘蛛の糸を使うんやけど紙テープかな?とにかく出るわ出るわ(笑)何より土蜘蛛が侍女→鬼女→悪鬼と変化する鬼面早替えにこれまたドキドキさせられる(笑)

人気演目なのも納得!

 

頼政:来栖神楽団

とにかく悪役の鵺が凄い!頭が猿、体が狸、手足が虎、尾は大蛇……どうやって演じるんや?て思ったら衣装がとにかく変化してく!?

鵺の早着替えに主役の頼政がかすむぜ(笑)悪役光る演目。 

 

続きは↓

adan24-paradise.hatenablog.com

 

▼関連記事

adan24-paradise.hatenablog.com

adan24-paradise.hatenablog.com