ASC特殊生物分類・特殊生物一覧

【ASC特殊生物分類】
ASCなどにより発見された生物であるが、生物分類学者等による分類が困難な生物をASCが集計を行い「特殊生物」と指定。特殊生物に大枠の分類名称を「ASC特殊生物分類」として制定したもの。現在では図鑑掲載や論文作成などにおいて使用されていおり、国際的にも認められている分類名称である。
主要分類は以下の6分類。なお普通種においては生物分類学者による分類法においてより詳細に分類されており、ASCとして上記の分類法を採用している。
 
▼古生生物(こせいせいぶつ)
創世記時代から生息していたとされる生物全般。創造形成生物を含む。
▼創造形成生物(そうぞうけいせいせいぶつ)
神々と由縁の品や現象により誕生した生物の総称。

異世界種(いせかいしゅ)

the world意外の異世界から渡ってきた生物の総称。現代まで自生する生物の多くは独自の進化を遂げているが、希に当時の姿で生きる生物も存在する。

→代表種:魔行植物(まこうしょくぶつ)

▼新種
普通種でもなくどの生物分類にも当てはまらない生物の総称。異世界種との混交生物もこの分類に含まれる。

▼普通種

上記5分類に当てはまらない生物の総称。

 

また、主要6分類と合わせて以下の詳細な分類が追記されている。

▼危険生物

→注意生物(警戒レベル:低)
有用性は高いが専門知識必須の生物が指定されている。なお「特殊生物取扱免許」保有者のみが取り扱うことが義務付けられており、違反者には罰金もしくは懲役刑が課せられる(代表種:バクグリ)
→要警戒生物(警戒レベル:高)
発見次第、即撤退が原則とされている生物全般。調査であっても深入りすることは好ましくない。というより、命の保証が出来ない。
▼狩猟禁止生物
保護対象生物に指定されている生物の総称。密猟や売買など禁止されており、発覚した場合には狩猟禁止生物保護法違反で逮捕となる。なお、学術研究による調査または保護の実施を該当生物に行う場合はASC本部局または支部局より許可申請が必須。
▼世界三大樹
古来より生育し且つその地域の象徴種となっている巨大樹三種の総称。
 
ASC 特殊生物一覧】
▼古生生物(こせいせいぶつ)

【アマノジマイグアナ】
天の川のみ生息し数百年ぶりに観測された古代種。フォブロトカゲとは先祖が同じで水中に適応する過程で刺など短くなった。特に背中に星屑樹を自生させたアマノイグアナを「アマノジマイグアナ」と呼ばれ主食が星屑のため自生していると考えられる。

※星屑樹(ほしくずじゅ)

天の川に流れる星屑を栄養に成長する植物の総称で天の川のみ自生する希少種。

f:id:adan24:20181026212840j:image

【ジャンバンキャット】
ノーズシュタット北方を拠点に生息、集団で身体能力抜群。知能が大変高く、人語を話せるため他種族と物々交換を行うほど。基本穏やかだが、あのシルバーウルフとバトルを繰り広げた時代もあったとか。
一番大柄で目に傷がある子が群れのリーダーでno.2は一番手前でのほほ~んな子(笑)共にシルバーウルフと戦った戦友。

f:id:adan24:20180914213506j:plain

【シルバーウルフ】
ノーズシュタット地区南方を拠点に生息、集団で身体能力抜群。知能は高く、人語が話せる者もいたらしい。気性が粗いため乗りこなせる者は珍しかった。ジャンバンキャットとは犬猿の仲でバトルこともあった。ビズレイユ大戦以降姿を見せなくなったが、近年は白銀の森で目撃情報が多数寄せられている。ASCノーズシュタットのロゴに起用されている。

f:id:adan24:20180402145152j:plain

【精霊】

→comingsoon

【バルバンブー】

聖霊バルはバルバンブー誕生から数年後に誕生したとか。ガーデル帝国足元から支えている。
f:id:adan24:20180508190317j:image

【ケッショウガメ:狩猟禁止生物】
ブンデル地区地底の記憶に生息する固有種であり希少種。かつては地上にも生息していたが甲羅に形成される鉱物が高値で取引されたため減少。地底の記憶のみとなる。
主食の鉱物の種類により形成される鉱物の種類が決まり、成分鑑定を行えば実年齢推定や健康診断が可能。現段階で水晶、ダイヤモンド、翡翠アメジスト、ルビー、サファイアが確認され、部門転換実技試験中のまりあとゆりあが同じ個体に二種類の鉱石を持つケッショウガメを初観測した(推定年齢300歳)。
最高齢は記録上で現在本部局保護センターで保護されているダイヤモンドを抱えるオスのダイヤ君1000歳(推定)。ダイヤを有するケッショウガメはダイヤ君以外観測されておらず、理由として主食であるダイヤ自体が最深部付近にしかないこと、硬度が高い分成長に必要な食事量が通常のケッショウガメ以上に必要であること考えられ、個体数が元々少ないのではかという説が有力。大人になれば敵なしの硬度を得られ、食事量も通常のケッショウガメより少なく済むようになることがダイヤ君の観測で判明している。ダイヤの中で何かしらの栄養が生成され、甲羅を通して摂取できているため食事量が減っても問題ないのだとか。

f:id:adan24:20180406120319j:plain

【フォブロトカゲ:絶滅】
アフラー砂漠生息していたトカゲとしては最大級の生物。砂漠内では敵無し、当時あった塩湖の水を飲むことも出来た。遺体はミネラル豊富のため砂漠の生物の食糧となり残ることは無く、「神の涙」で発見されるまでは幻の生物とされていた。アフラー村の伝承によると自らの意志で自身の体を硬化させて塩の壁を造れるらしいが、捨て身技のため硬化した状態で死亡する。何故このような能力を得たのかは今日まで分かっていないが、一説には厳しい環境である砂漠で子孫を残すために自らが食糧になれるようにするためなのではないか?という説がある。

f:id:adan24:20180903213404j:plain

マンティコア

不可侵の森の動物部門頂点であり祖先はバオモンキーと同じだったとされている。バオモンキーとは正反対に巨大化と腕力の方面に進化した。性格は比較的穏やかだが戦闘好きな一面があり、認めた相手には証として自身の毛を与えて「友」と呼ぶ。同種以外で友と認められたのはカザルダ支部のドルゴ、フロウ、セレ、セレの弟子アダンと孫弟子まりあとゆりあだけである。群れをなし、果物などを好んで食べる。バクグイハエトリソウとは昔からの好敵手であり、バクグイハエトリソウの暴走を抑えることができる唯一の動物でもある。

 

▼創造形成生物(そうぞうけいせいせいぶつ)
【思考の庭 全固有生物】
代表種は思考の種。

f:id:adan24:20160708230652j:plain

 

【移ろいの森の主】

ASCカザルダのロゴデザインに起用されている。

f:id:adan24:20180406124054j:plain

【ヴィセラウィッチ】
狂いの森最大級の体長を誇り、圧倒的なパワーと素早さで森誕生時から覇者として君臨している。しかし伝承でも記載は少なく幻の生物なのではと言われていた。カザルダ支部に魔導士(エレナ&ユルグ)が入隊したことで初観測に成功する。
バオモンキーのみ長年死闘を繰り広げているが、このおかげでバオモンキーが牽制されて異世界種と在来種(小型生物など)で生存できた種も多いのではとされている。実際にヒポエステス保護で森から連れ出そうとしたところをヴィセラウィチに発見され、攻撃寸前にヒポエステスが話し掛け、誤解が解けたのかヴィセラウィチが退散。独自の言語を理解する知能の高さと森の生物たちの防衛を自ら行っていることが初めて証明された。

f:id:adan24:20181105214350j:plain

【バクグイハエトリソウ:要警戒生物】
不可侵の森の植物部門頂点に君臨する巨大かつ獰猛な人食い植物。餌(人含む)に対する執着心が尋常ではなく、唾液による臭いで獲物を追跡していることが最近の研究で判明した。不可侵の森上空に存在する思考の庭より落下した「思考の種」を昆虫と勘違いして食し、巨大化と移動能力を獲得し待ち伏せをするなど知性も獲得した。食虫から人喰いへと進化し、動物たちでさへ恐れる存在になり、森の侵入者を全て食い荒らしたことで立ち入り制限エリアに指定の動機にもなった。ただ、襲うのは基本動物だけなので森全体の頭数が保たれ、植物たちには有り難い存在であることは確かであり森の生態系維持には欠かせない存在といえる。動物部門頂点マンティコアとは好敵手。

f:id:adan24:20180406124542j:plain

 

 

異世界種(いせかいしゅ)

▼▼魔行植物(まこうしょくぶつ)
魔道の谷に隣接する狂いの森のみに生育する植物。歩行能力を有していたが元々は年間数mから数cm程しか移動出来なかった。が、その後の驚異的な進化の結果、驚異的な移動能力(数時間移動可能など)と独自の言語で会話を行うなど進化を遂げる。起源は魔界の最果テノ森。
ヒポエステスなど】
f:id:adan24:20180516104621j:image
▼▼レグニ諸島生物全般
起源は天界。雲海、ロストエデンなどから局長が連れてきた生物がほとんど。当時の姿を保っている。
【マノー・ハオ&レグニペンギン】
f:id:adan24:20180515165710j:image
 
▼新種
【狭間の森 生物全般】
森の外では生きることが出来ず、塵になって消滅する。死の神の加護の元生きる故なのか謎に包まれている。

f:id:adan24:20181116133418j:plain

 

▼危険生物名称一覧
▼▼注意生物(警戒レベル:低)
【アフラードッグ】
アフラー砂漠棲息。集団で狩りを行う賢さとタフさから砂漠のギャングと呼ばれる。ただし、アフラー族との関係が長いためか人間とかは襲わないとか。
f:id:adan24:20180508185558j:image
▼▼要警戒生物(警戒レベル:高)

【サビーナ王国跡地 全生物】

f:id:adan24:20160709105949j:plain

【バオモンキー】

不可侵の森の覇者マンティコアと同じ祖先を持ち、より要り組でいる狂いの森に適応するため小型化と手先の器用さが高くなった。小型化による力不足を補うため群れを形勢し、集団行動の統制が高い。攻撃性の高さで他生物を絶滅させていったがヴィセラウィチにより抑制されている。

f:id:adan24:20181105214350j:plain

 

▼世界三大樹
【知恵の樹:創造形成生物】
守護神は亜神エル。
大学創建に合わせて星屑を封じた石をエネルギー源に知の神と大地の神により創造された。花はタンニンの影響なのか赤い。実は、知識は1つとて同じモノはなく融合・分離・消滅など熟考の課程を体現しているため1つひとつ形状は違う。食した者には叡知が与えらるという伝承がある。アークバル地区の象徴種でもあり、バーラード大学の象徴種であることから別名「学問の樹」とも呼ばれている。

f:id:adan24:20180912223101j:plain

【白桜(しろざくら):古生生物】

守護神は精霊神ハヤン。人々の信仰心から精霊として誕生した後に神格化した。現在は本体から新芽が育ち、ハヤンの息子で精霊神ルーが誕生してから親子で守護神を務めている。

伝承によると知恵の樹とほぼ同年代に存在しており在来種としては植物部門最古種に指定されている。桜は年中咲き誇り、厄除けの力があるとされている。李地区の象徴種でもあり、戦禍から子供たちを守ったことから別名「幸の樹(さちのき)」と住民に愛されている。本体は白桜大学中庭で御本尊として大切に管理され、北都の白桜は接木により誕生した分身である。分身により北都の脅威である怨ノ樹の力が抑制されている。

20年前の火事により本体が消失した影響により、守護神が姿を消したうえに分身は咲く力を年々失い、怨ノ樹の脅威が増しつつある。

f:id:adan24:20181210200156j:plain

【アノマリウス:古生生物】

守護神は鳥類の始祖鳥ソド。普通の鳥だったソドが神格化し長年守護神を務めていたが、力の衰えと共に現在は羽だけの姿となった。
王族がアノマリウスの根元に座る様子がよく見られたことから別名「王の傘」と呼ばれていた。ビズレイユ大戦以降行方不明となり、アダン含む調査チームにより亡国ビズレイユ王国王城中庭跡地にて500年ぶりに観測された。ビズレイユ国王精霊王とエルフの友好の証として、王城中庭に移植されていたアノマリウス(紫色)の隣りにエルフ所有アノマリウス(水色)を移植。2本の大樹が一体化し現在の姿になりビズレイユ王国の象徴となった。また、一体化した2本のアノマリウスと国王夫妻の姿を重ねた国民の間では、夫婦円満の樹として「夫婦の樹」としても愛されていたとか。

f:id:adan24:20181206140047j:plain