七王統治国(ルベリオ・ワイドナー)

f:id:adan24:20180606231608j:image

 
▼宗教国家ルベリオ
七王統治国の一つ。
行政より宗教によって統一されている宗教国家。そのため宗教の仕来りなどで政治の政策や年中行事などが決まることが多い。信仰宗教は「天界十二神信仰(てんかいじゅうにしんしんこう)」でその中でも「創造の神」と「死の神」を信仰している。創造の神は東端に位置する「生の丘(せいのおか)」、死の神は西端に位置する「死の丘(しのおか)」を拠点として信仰されている。ちなみに、全世界で使用されている「魔法」発祥の地と言われている。
*天界十二神信仰
天界十二神を信仰の対象にしている宗教 。昔はthe worldの国々で盛んに信仰されておたが現代では「狭間の森」のみとなり、魔界では一貫してルベリオのみ信仰している。天界と敵対している魔界のルベリオでなぜ信仰されているのは、創造の神と死の神が「魔界宗教」の魔神たちの産みの親とされているからだとか。 

 

【ルベリオ 登場人物】

▼七王 ディスタ

種族:古竜族
宗教国家「ルベリオ」の教祖であり、七王としては最古参。
黒魔法の名手であり古竜族の重鎮であるが、仮面を常に付けているので素顔を知る者は少ない。
魔王とは第四次天魔大戦以降国交断絶中であるが、国民からは大戦から守ってくれたとして信頼はとても高い。

f:id:adan24:20170727200040j:plain

▼ルベリオ宰相 シーロ

種族:獣人(タイプ:羊)
f:id:adan24:20180429115103j:image

▼外交長官 イアン
f:id:adan24:20180429115012j:image

 

【葬送】

一般的に黒い花を供えて教会で葬儀を行い、親族と神父が先導して埋葬される。ルベリオでは葬儀後に親族、神父に加えて葬儀屋が先導し、町中を練り歩いてから「死の丘」に埋葬される。練り歩く際に国民は黒い花を撒き、共に見送るのが慣わしとなっている。このことからも、ルベリオでは生と同様に死も大切にする文化が他国に比べて強いことが伺える。

*黒い花

他の世界では「死」を連想させるとしてあまり好まれないが、魔界では「何にも染まらず己の道を貫き通す」という意味があるため最高の賛辞であり礼儀でもある。逆に白い花を贈ると失礼なこともあるため注意が必要。

f:id:adan24:20170727200043j:plain

 

【死の丘】

西端の丘一帯の名称。丘の中央教会では死の神を祀っており、歴代の七王が安置されている。「死する時はみな平等」とう思想のもと、その他の階級はみな平等に丘に安置され、逆十字架の大きさで階級を表している。

*逆十字架

元々は正しい向きで使われていたが天魔大戦が勃発して以降、ルベリオ国民が対抗心の表れなのか逆向きに設置するようになったのが始まりと言われている。現在では魔界の各所で逆十字架が使われている。

f:id:adan24:20170727200110j:plain

 

 

▼自然大国 ワイドナー

【ワイドナー 登場人物】

▼七王 ユノア

種族:悪精霊

f:id:adan24:20170821173323j:plain

▼外交長官 ルウ
f:id:adan24:20180429115302j:image

 

【女王の城(別名:女王の血城)】

魔界ワイドナー城内「女王の間」。コロポックルは魔王の書簡を携えユノアに謁見する。玉座を支える巨大な種は歴代の女王たちの死後の姿であり、小さな種は王になれなかった王族の幼子の成れの果て。建国より女王政権が続き、多くの血で支えられる城は別名「女王の血城」と言われている。

f:id:adan24:20181001152612j:plain

*ワイドナー流 次代王の決定方法
女王が死去すると巨大な種に変貌し数日後に花を咲かせる。花びら数枚散り、小さな種に変貌する(この種が次代王候補であり女王の子供にあたる)
種から悪精霊に変貌出来た子が次代王になる。ただし、膨大な魔力を持った子でないと変貌出来ずに種のまま死去してしまう。
悪精霊に変貌した子が複数いる場合は本能に従い共食いを始め、最後まで生き残った子が次代王になる。現女王ユノアも共食いに生き残った子であり、女王政権という歴史を新たに刻んだことになる。