ロストエデン【ブゼラファラ】 案内地図

【ブゼラファラ】

記録上あったとされるロストエデンの中で最大級のロストエデン。十二神信仰を中心とした楽園運営が長年にわたり行われていたが、いつしかロストエデンとなった。楽園の詳細等記録はほとんど残っておらず、ロストエデンになった経緯も未だに不明。

当初は満月歌劇団担当の予定だったが団員行方不明事件発生により、星屑協奏楽団に委託される。

 

▼十二神崇拝神殿

天界十二神それぞれを崇拝するための神殿。

1F

▽大広間

星屑協奏楽団の拠点として利用している広間。

【星屑協奏楽団専用移動型ログハウス】
神殿探査にて拠点である大広間にてテント泊ではなく、ハシビロコウにログハウスが埋まっている移動型ログハウスであった。エンドと星の神以外言うことを聞かないが団員であると知ると大人しくユキとエマをログハウスに招くのであった。 

※アマノハシビロコウ
恐らく世界に1頭しかいない大変珍しい動物。星屑を誤って食した影響で巨大化+体の大部分四次元化。困った様子で佇んでいるところに星の神が拾う。食事は基本必要ないが魚好き。危険を察知すると自ら移動するため防犯もバッチリである。
f:id:adan24:20181027234948j:image

 

3F

▽天空の神殿

四つの世界の空が窓を通して神殿に繋がっており、空を生きる「飛行生物(ひこうせいぶつ)」の休息場所となっていた。住人無き後も飛行生物たちの楽園として残っている。窓を作られた理由は天空の神が「空は全ての世界と繋がり、何者にも拒まない」という考えに基づいて作られた説が有力。

左上の窓

→ the world行き。星屑流れる天の滝近くのため、星屑も流れ込む。

天窓

→天界行き。星と太陽の輝きが降り注ぐ。

右下の窓

→under the world行き。上空の天の川の中のため飛行生物が最も観測される。

床の窓

→魔界行き。闇が広がる。

【天空の神殿 世界の窓】

f:id:adan24:20180827185304j:plain

 

?F:隠し階層

▽創造の神殿(そうぞうのしんでん)

創造の神をイメージした神殿。天使の卵など様々な生命の始まりがあったとされている。

【水底の卵】
天使になれなかった天使の卵。怪物に成り果てた卵は水底に沈められ、消滅することなく現代も生きる。愛情とはなんですか?どうして自分はいつも1人なの?
f:id:adan24:20180410002108j:image

 

?F:隠し階層(地下)

▽死の神殿(しのしんでん)

死の神をイメージした神殿。墓場と葬祭場。

【死の神殿の少年たち】
何故こんな姿になったのか。何故ここに居るのか。その理由は誰も教えてくれなくて、生前何をしてたか全く覚えてないけど、墓場から離れることはない。ただただ、みんなといたいだけ。
f:id:adan24:20180422213203j:image