ロストエデン 世界観

【あらすじ】

天界の地図上から消された謎多き楽園「ロストエデン」。

星の神より命を受けたギルド「星屑協奏楽団」団長エンドは副団長ユキとエマを迎え、最大級ロストエデン「ブゼラルファ」の解明に向かう。

ブゼラルファは何故ロストエデンとなったのか?ロストエデンに隠された真実と巻き起こる超常現象と対峙する探求物語。 

 

【天界について】

神や神の従者が住まう世界。天界の各地に天界住人の楽園「エデン」が存在し、休暇をエデンで過ごしたりしている。

詳細はこちら↓
【ロストエデンについて】
楽園「エデン」として存在していたが現在は地図上からも消された楽園を総称して「ロストエデン」 と呼ばれる。ロストエデンとなった場合、元々住んでいた原住民も含めた全ての人が存在を忘れてしまう。ロストエデンで何かしらの理由で死亡した場合、死亡した当人の存在を神を含む全ての人々が忘れてしまう。そこから別名「神々の忘却」とも呼ばれるようになった。
また、天界を含めたあらゆる世界に少なからず影響を与えているとされており、実態解明が急務となっている。
▼ロストエデン探査
数ある探査任務の中でも最高難易度に指定されている。
探査任務を命ぜられた者はギルドを結成し、ロストエデン探査に向かうのが基本となっている。死亡した場合を想定し、選ばれる隊員は天涯孤独の人々が担っていることが多い。直属上司である神は存在を忘れないためにマスターブックに隊員の詳細情報を細かく記載しており、死亡した場合は氏名部分が光を失い黒色に変化する。
探査内容はロストエデンで発生する超常現象と実態調査、ロストエデン化した経緯などあらゆることを調べる。発生する超常現象はロストエデンにより千差万別であり、現場での臨機応変な対応が求められる。
 
【ギルドについて】
詳細はこちら↓