七王統治国&無統治地域

f:id:adan24:20170821175148j:plain

魔界 世界地図】

 

▼最果テノ森(さいはてのもり)
魔界最北端に広がる広大な魔窟の森であり、無統治地域としては最大地域。
かつては統治を目論んだ国もあったらしいが、コンパスも効かない上に生息する生物たちの凶暴性も相まって死傷者が続出。以後、無統治のままとなっている。実力が全てであり、森の支配者はその都度代わっている。現在はコロポックルが100年ほど統治している。 伝承によるとthe world「魔道の谷」周辺に生息する動く植物「魔行植物(まこうしょくぶつ)」の原産地と言われている。

→イラスト「最果テノ森」

f:id:adan24:20170727200022j:plain

→イラスト「封印の池」

封印の池の解除と共に解放された死神少年ハロスとシャドナーのアロ。ライエルの交渉現場に護衛として向かっている。

f:id:adan24:20170623190219j:plain

 

 

▼宗教国家ルベリオ

七王統治国の一つ。
行政より宗教によって統一されている宗教国家。そのため宗教の仕来りなどで政治の政策や年中行事などが決まることが多い。信仰宗教は「天界十二神信仰(てんかいじゅうにしんしんこう)」でその中でも「創造の神」と「死の神」を信仰している。創造の神は東端に位置する「生の丘(せいのおか)」、死の神は西端に位置する「死の丘(しのおか)」を拠点として信仰されている。ちなみに、全世界で使用されている「魔法」発祥の地と言われている。
*天界十二神信仰
天界十二神を信仰の対象にしている宗教 。昔はthe worldの国々で盛んに信仰されておたが現代では「狭間の森」のみとなり、魔界では一貫してルベリオのみ信仰している。天界と敵対している魔界のルベリオでなぜ信仰されているのは、創造の神と死の神が「魔界宗教」の魔神たちの産みの親とされているからだとか。 

→イラスト「死の神」:「the rorld 登場人物その他」より詳細参照

f:id:adan24:20170710161152j:plain

→イラスト「葬送」

一般的に黒い花を供えて教会で葬儀を行い、親族と神父が先導して埋葬される。ルベリオでは葬儀後に親族、神父に加えて葬儀屋が先導し、町中を練り歩いてから「死の丘」に埋葬される。練り歩く際に国民は黒い花を撒き、共に見送るのが慣わしとなっている。このことからも、ルベリオでは生と同様に死も大切にする文化が他国に比べて強いことが伺える。

*黒い花

他の世界では「死」を連想させるとしてあまり好まれないが、魔界では「何にも染まらず己の道を貫き通す」という意味があるため最高の賛辞であり礼儀でもある。逆に白い花を贈ると失礼なこともあるため注意が必要。

f:id:adan24:20170727200043j:plain

→イラスト「死の丘」

西端の丘一帯の名称。丘の中央教会では死の神を祀っており、歴代の七王が安置されている。「死する時はみな平等」とう思想のもと、その他の階級はみな平等に丘に安置され、逆十字架の大きさで階級を表している。

*逆十字架

元々は正しい向きで使われていたが天魔大戦が勃発して以降、ルベリオ国民が対抗心の表れなのか逆向きに設置するようになったのが始まりと言われている。現在では魔界の各所で逆十字架が使われている。

f:id:adan24:20170727200110j:plain