読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

堀江貴文さんの原点「ゼロ」

来週からバイト開始かぁ。

椏彈(あだん)です。

 

派遣社員としての仕事も楽しんでますよ(笑)

初めて行く職場も多くて苦労もしてるけど、接客業してて良かったと思う。

おかげで苦労の度合いがまだマシなんじゃないかな。

 

さて、ニート期にグッときた本、最後の本。  

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

著者は当ブログでも何度か紹介している堀江貴文さん。

本も何冊も書いているけど、この「ゼロ」は違う。 

堀江貴文さんの原点が全て詰まっていて、

「働くこと」について本当にこだわっていることがよく分かる。

そんな著書から印象的な部分を抜粋して紹介します!

 

ゼロの自分に、イチを足そう。

掛け算をめざさず、足し算からはじめよう。

僕は働くことを通じて、自分に足し算していった。仕事という足し算を通じて、つまらない常識から自由になり、しがらみから自由になり、お金からも自由になっていった。掛け算ができるようになったのは、ずいぶんあとになってからのことだ。 

引用:第0章それでも働きたい カッコ悪さもすべて語ろうp.30-p.34

大学入学と同時に今まで積み上げたモノがまっさらになった。

誰も知る人がいない環境で、どうやって新たな自分を始めれるか。

その後も接客業、ニート契約社員、社会人絵描き。

どれも長い時間を掛けてようやく自分の中で積み上げられて、

その状況は正にイチを足す作業だったと思うし、今も続いている。 

  

突き抜けられる人と、そうでない人の違いは、次の一点に尽きる。

物事を「できない理由」から考えるのか、それとも「できる理由」から考えるのか。それだけだ。突き抜けられるかどうかは能力の差ではなく、意識の差なのである。 

引用:第3章カネのために働くのか? 「やりたいことがない」は真っ赤な嘘だp.131-p.134

すごいシンプルだけど「できないかもしれない」と何度も不安になったことがある。

でも、全ての物事で最強を目指さないといけないことはない。

ただ、一度は全力でやって、

それでも駄目だったのなら手を引く勇気も必要だと思う。

何処かで折り合いをつけて、辞めたことあるな。  

 

僕からの人生には「いま」しか存在しない。

過去を振り返っても事態は変わらず、未来に怯えても先へは進めない。

かけがえのない「いま」に全力を尽くすこと。脇目も振らず集中すること。将来の自分とは、その積み重ねによって形成されていく。

引用:第5章僕が働くほんとうの理由 人生には「いま」しか存在しないp.210-p.212

時間は有限。

限りある時間に対して何処まで突き進められるか。

今をどう生きるかで過去の出来事もよかったと思えるし、

未来の自分にも大きな影響を与えると思う。

私は未来のことを考えたり、過去を悔やんだりすることもある小心者だけど、

でも、今の自分は今をより大切にできるようになってきたように思う。

学生の時よりはだけどね(笑) 

  

 

その他にも素敵な内容があるので是非読んで見て下さい!

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 

 

堀江貴文さん関連記事

adan24-paradise.hatenablog.com

adan24-paradise.hatenablog.com