派遣その2 ポスティング

肉体労働で筋肉痛を起こしまくってます(笑)

椏彈です。

 

今月でブログ2年目で誕生日も迎えて、1年とは本当にあっという間だね。

社会復帰も少しずつ進行中だし、まぁなんとかなるか。

今回はポスティングについてまとめ。

 

f:id:adan24:20170415125156j:plain

▼ポスティングとは?

戸建てやマンションなどのポストに指定されたチラシを投函する仕事。

担当場所はその都度変わるので、地図を見ながら一件一件地道にひたすら投函する。

 

体験した感想

引っ越し作業の筋肉痛が丁度完治するであろうタイミングでやってみたけど、

肉体的にもくるけど、精神的にも来るね(体力に自信のある人は少しラクかも)

 

全く知らない土地に、大量のチラシと共に1人ぽつん。

大きめの鞄に7種類のチラシをそれぞれ大量に入れて、

地図と睨めっこしながらポスト目指してひたすら歩くわけだけど、

まず肩が痛くなってくる。

重たいんだけど、足りなくなったチラシを取りにまた戻るのも大変だから、

我慢して運んで行くしかない。

次に痛くなるのが足。

今まで自宅警備員をしていたので運動不足は必死で、

重たいチラシを支える&長距離移動で途中で足がつらないか心配になった。

最終的にチラシを持っていた腕も痛くなった。

 

チラシを運ぶのも大変だけど、地図を見ながらの移動も大変だった。

配るエリアが決まっていて、配るお宅を間違えると重複して配ることになる。

普段迷わない私でも、慣れない土地&地図と違う建物で、

最初の1、2時間は何度か引き返した。

配ったお宅に記しを付けて、どのルートが一番効率がよいか、

駐車場の縁石に腰掛けたりして何度も考えた。

公園がないので昼食も木陰になっていた、細い路地裏で食べたり飲んだりしてた。

チラシは戸建てとマンションで配る枚数が違うのも大変だった。

 

イメージとしては体力仕事だと思ってたけど、

体力も頭も使う仕事だということが分かった。

 

アドバイス

担当するエリアによっては、休憩できる公園がなかったり(私はこのパターン)

昼食を買うコンビニやスーパーがなかったり(住宅街の人もいた)

するので、昼食や飲み物は事前に準備しましょう!

と、大きめの鞄も持参することをおすすめします!

チラシを持って移動するのがある程度ラクになります。

 

地図を見て投函するので、

方向音痴だという方は体力うんぬんの前に向いていない可能性大です。

(私自身迷いかけました)

検討する際には気を付けて下さい。

 

▼関連記事

adan24-paradise.hatenablog.com