読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神社の不思議 その2

体験して思うあれやそれ

久しぶりにノートを買いました(100均)

椏彈です。

 

今日買い物ついでに、久しぶりに馴染みの神社に立ち寄った。

一昨日寄った神社は所見さん(詳しくはこっち見てね)

adan24-paradise.hatenablog.com

で、今日寄った神社は自宅から一番近い神社ね。

 

学生時代から通学路の途中にあるんだけど、中高の時は寄ったことない。

理由は……なんかね、近寄りがたいというか。

中学入学に合わせて引っ越してきたから、馴染みが薄いのよ。

神社って、境内の広場とかで子供の頃から遊ぶこと多いし、

そうやって親しくなっていくというか。

そのステップを通ってないから、おいそれと近づけなくてね。

 

そんで、高校までは寄りつかなかったのよ。

ただ、大学生にもなるとより悩むこと増えるじゃん?(私はそうだった)

受験失敗して工業大学に入ったし(結果楽しかったけどね(笑))

人間関係、就職、卒業研究……鬱憤溜まってるけど、みんな同じ状況だし。

発散出来なくてウロウロしてたら、この神社に辿り着いてた。

 

口には出してないけど、なんか念じる(?)

報告みたいなことを心の中でとにかく言ったような気がする。

内容はよく覚えてない。でも、必死だった気がする。

 

それから、タイミングが合えばちょくちょく通ってる。

御礼参りだったり、ただの報告だったり。

昼間は誰もいないから、報告したらベンチに座ってのんびりしてたり(笑)

 

今日は近況報告だけかな。

とりあえず今後こうします!的な。

神社の敷地に新聞紙が捨ててあったから拾って、自転車で帰ったんだけど、

なんか体が軽くなった?

軽くなって、逆に足がもつれそうになった(笑)

 

今後も、神社の氏神様に報告していきますわ。

 

P.S

幼い頃によく寄っていた八幡神社は敷地が広かった。

小高い山と公園があったから、自然と子供が集まる場所だった。

子供の定番の遊びで「かくれんぼ」とかよくしてたけど、

境内とか、山の対面に複数の祠があってね。

その方面に隠れた友人を探しに行くのがいつも恐いと思ってた。

当時は理由がよく分からなかったけど、1人では絶対行かなかった。

木々が茂って、いつも薄暗いのもあったけど、

他の子供もあまり1人で行く子はいなかったなぁと。

 

やっぱ、神域に対する畏怖を自然と感じ取ってたのかもしれない。

他の子は分からないけど、私はあの祠や境内エリアに行くと、

音が静かになる現象を毎度経験してた(今思い出した)

そりゃ、恐いと思うわ(大人になっても継続してたことに驚き)

 

神社ってやっぱ不思議。