読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好きなシリーズ 西畠清順さん

好きなシリーズ

好きなシリーズ第三弾。

プラントハンター西畠清順(にしはたせいじゅん)さんについてまとめます。

 

1.プラントハンターとは?

プラントハンター(: Plant hunter)とは、主に17世紀から20世紀中期にかけてヨーロッパで活躍した職業で、食料・香料繊維等に利用される有用植物や、観賞用植物新種を求め世界中を探検冒険する人のことで、現在でも存在する。

出典:プラントハンター - Wikipedia

要は、植物専門の冒険家ということです。

日本人で現在活躍しているプラントハンターとして、西畠清順さんが代表的存在だと思います。 

西畠清順さんの実際の活動を知る上で、この本がより分かり易いと思います。

NHKの取材を元にまとめられたドキュメンタリー本です。

取材当時、西畠清順さんは珍種である「パラボラッチョ」の採取に赴いた時の様子など活動のほんの一部ですがよくまとめられています。

 

2.好きな理由

私がこの方を好きになったのは、プラントハンターという職業に対しての好奇心もありますが、一番は植物に対しての姿勢が何より好きです。

私自身も実家の側が山なので植物もとい自然に触れる機会が多く、自然と好きになりました。

その影響もあって、大学では環境学専攻で植物の調査にも行っていました。

植物そのものの力強さを感じると共に、敬意を持つと言いますか。

西畠清順さんは自分以上に真摯に向き合っている姿が、本を通してもの凄く伝わります。

いつか、講演会とかでお会いしたいなと密かに思っています(笑)

 

3.好きな著書

そらみみ植物園

そらみみ植物園

 

西畠清順さんの著書として初めて読んだ本です。

本屋で一際異彩を放つ本があるなぁと思い購入しました(笑)

世界各国の珍しい植物が素敵なイラストと共に紹介されています。

西畠さんのコラムもありとても楽しい本です。

 

はつみみ植物園

はつみみ植物園

 

そら植物園の続編です。

こちらは植物とはそもそも何か?植物と文化など、植物について分からない人でも楽しめる本です。

イラスト入りでとても読みやすい本ですし、自分のように植物について少しばかり知識のある人でも楽しいです。 

 

教えてくれたのは、植物でした: 人生を花やかにするヒント

教えてくれたのは、植物でした: 人生を花やかにするヒント

 

植物と常に向き合い続けて西畠さんの人生観そのものが詰まった本です。

植物に対する尊敬の念をとても感じますし、植物が好きな人は共感できる部分もあると思います。

自分が西畠さんが本格的に好きになった、きっかけの本です。

 

*西畠清順さんの活動など詳しく知りたい方は、こちらのサイトを是非見て下さい。

そら植物園 |