李地区

f:id:adan24:20170712182253j:image
【東の大陸:李地区&レグニ島】

 
▼北都(ほくと)
主に妖怪と人間により作られた街区。李地区の文化発祥地と言われており、全大陸の中でも最古の文明となっている。元々は閉鎖的で異文化交流は無く、開国されたのはASC創設期に李氏がこの地区にやって来てからだと言われている。現在も独自の文化を貫き、多くの環境客で賑わっている。
 
▼▼恐山(おそれざん)
八百万の神々が住むとされる「天上界(てんじょうかい)」との境があるとされている、北部街区で最も神聖な場所。妖怪発祥地とされ、最初に誕生した鬼一族の開祖「花鳥風月」が境を警護している。恐山の麓に極秘裏に作られた「秘境の里」が存在し、認められた十数人の住人により守られている。神々のお膝元ということもあり、固有種も生息している。
→イラスト「ある日の昼下がり」
f:id:adan24:20161215083309j:image
→イラスト「花鳥風月」
f:id:adan24:20161215083229j:image

f:id:adan24:20170420182017j:plain

→イラスト「はじめのはじめ」:花鳥風月と父親

f:id:adan24:20170623190610j:plain

 
▼南都(なんと)
北部街区とは違い、主に人間により作られた街区。政府により統治された数少ない民主国家。エレクと提携しており、李地区独自の町並みの中に近代的な建物や工場などがある。ライダー国際航空より飛行船「ラグーン」も航行している。
▼▼中央区
南部街区最大の工業地帯であり文化財数最大の区域。労働者を束ねる組合が5つある。現在廃止されている「文化財廃止条例」による被害を唯一食い止めた区域であり、「神隠し」という言葉の発祥とも言われている。
→イラスト「神隠し」

f:id:adan24:20170309110850j:plain