ブンデル地区


f:id:adan24:20170712182423j:image
【南の大陸:ブンデル地区&アークバル地区】

 

▼地底の記憶:A 

地上に強大な穴があり、穴の奥に強大な洞窟が広がっている。地上では絶滅したとされている動植物がひっそりと生活しており、貴重な天然鉱物の宝庫となっている。地上で出回っている高価な宝飾品のほとんどが、ここで得られたモノを使用している。現在でも鍾乳石や地底湖が成長している影響で、内部の構造が常に変化しているため、記録が重要な場所と言える。動植物の種数は少ないが、太古の生物が多くおり、性格は基本穏やか。 
 
最深部に魔界に行ける扉があるとかないとか・・・
→イラスト「地底の記憶」
f:id:adan24:20160708231504j:image
 
▼ガーデル帝国
巨大樹でも最大とされる「バルバンブー」の樹上に建国された樹上帝国。ガーデル帝王一族が治める全大陸でも屈指の帝国である。4本のバルバンブーの樹上に街区が形成され、居城があるガーデル街区以外は「街区長(がいくちょう)」が治めている。 樹上に建国したこともあり、防火設備(放水設備など)の設置は厳しく規制され、技術においても他の国とは一線を画している。真相は不明であるが、帝国建設の際に「巨人族」と協力してそれぞれの街区を建設した、との伝説が残っている。
 
▼▼ガーデル街区
居城があるガーデル帝国の中心街区。国政、軍部など重要な機関が集まっている。
→イラスト「ブルスデン事件」
現在から260年前に発生した、大戦動乱時代後としては最大最悪の事件。ガーデル街区で魔道師と護衛騎士のいざこざが原因で気づけば街区全体で武力衝突に発展。互いに多くの死傷者を出す結果となった。後に当時の皇帝は失脚、魔道師たちはブンデル地区から全面撤退。現在も遺恨は残ったままである。
なお、ASC隊員入隊前にユルグは事件現場にて巻き込まれ、エレナが魔女の谷より飛行魔法により現場入りしユルグを救出。ASC入隊後は共に心のケアを受け、ユルグは数年ほど解消されたが、エレナはアキヅカのチューターになるまで続いた。

f:id:adan24:20170623193148j:plain

 
▼▼ガドナー街区
担当:紅月(センター職員)
ASC協会本部とハンター協会本部が設置されていつ街区。ASC本部と併設して「保護センター」があり、全大陸で保護された動植物が環境管理がされた部屋で過ごしている。
→イラスト「これが共生か」

f:id:adan24:20170420181924j:plain

→イラスト「信頼構築中」:アダンとアンクルホーン

f:id:adan24:20170623190926j:plain

 
▼▼バンバル街区
貿易都市として全大陸の特産品や珍しい動植物なども取引されている。年始に行われる「花の祭典」と「動物の祭典」には多くの観光客が訪れる。ASC特別街区に指定されており、違法な取引を発見した場合は逮捕権を行使出来る。ライダー街区に続く通路があり、空輸で送られてくる荷物の集積場所ともなっている。
→小話「花の祭典」

f:id:adan24:20170322185422j:plain

f:id:adan24:20170322185507j:plain

 
▼▼ライダー街区
ライダー国際空港を抱えているエリア。空港利用者の多くはドラゴンライダーなどのライダーが利用している。ASCやハンターの利用も多く、旅行者や出張に向かう人は大型獣に乗って移動する。空輸便も取り扱っているため、国の重要機密も運ばれることもあるらしい。
→イラスト「ライダー国際空港」
f:id:adan24:20161214155447j:image
 
▼ガルダンド王国
獣人の国でアダンの故郷。国王も獣人であり獣王(じゅうおう)と呼ばれている。国の中心街である王城を中心に放射状に町が広がっている。ガーデル帝国とは同盟国であり、貿易や交換留学も盛んに行われている。海に近いためブンデル地区の海産物はガルダンド産が主流となっている。
王城を臨める中心街にアダンが通っていた「アランド幼稚園」があり、現在は従兄のキリトが先生を勤めている。中でもそら組は問題児集団が集まることで有名で、キリトの容赦ないお仕置き…もとい教育的指導が炸裂している。
→イラスト「先生、覚悟!!」
f:id:adan24:20161214155526j:image