読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

職業一覧

▼ASC(生物調査隊:Acta Survey Corps)
動植物の調査・保護を目的に活動をしている。その地域に住む住人と動植物たちの共存のため、共存のヒントを得ることも大きな目的である。
生物調査隊協会本部(ASC協会本部)は、ブンデル地区ガーデル帝国ガドナー街区に設置。本部のみで実施される、ASC認定試験の成績により合否と階級が決定する。
隊員は5つの地区(ノーズシュタット地区、カザルダ地区、ブンデル地区、アークバル地区、李地区)に振り分けられ、地区内の担当場所が決定する。決定権は各地区の支部局長に一任されている。
専属ASCorASCの二タイプに別れる。専属ASCは所属国もしくは団体から報酬が支給される。ASCは基本担当場所の継続調査が主体になるが、依頼により地区内の別の場所に行く場合もある。 担当地区にて密猟者などを発見した際、通報または逮捕権を発動できる。逮捕などを行った際、その地区を統括している国や団体もしくは支部に送検する必要がある。
一般隊員から選ばれた隊員のみがなれる「広域調査隊」という極秘隊員もいるという噂あるが、実態は謎に包まれている。
 
部門
動植物部門(Flora and Fauna)→Ff
植物部門(Flora)→Fl
動物部門(Fauna)→Fa
*部門転換を行うときは、部門転換試験を受ける必要がある。
 
階級
上級(Senior)→Se
中級(Intermediate)→In
初級(De plano)→De
*新人育成制度(チューター制度)により、Seが指導役を担う。
*昇級は調査実績による。
 
→ASCライセンス

f:id:adan24:20170420181408j:plain

アダンのASCライセンス。

階級(Se:上級)/部門(Ff:動植物)記載。ロゴはFf使用。

 

▼ハンター
新天地開拓・全大陸における謎の解明を目的に活動をしている。しかし、実績による完全歩合制でASCに比べ報酬額が高いことから、利益目的に活動をしているハンターもいる。
ハンター協会本部は、ASC協会本部と同じ街区に設置されている。本部で行われるハンター認定試験の成績により合否と階級が決まる。
腕に自信がある人が主に所属し、専属ハンターorフリーハンターに別れる。ASCとは目的の違いで衝突することも暫しあるが、アダンとサルダのようにコンビを組む者もいる。パーティーを組んで活動するハンターも多いが、目的地によって臨時に組む場合も多い。パーティーはハンター支部のフリーハンター紹介窓口にて組むのが一般的。 基本は担当地区という制度はなく、活動範囲は全大陸となっている。難易度一覧(ASC作成)と先代ハンターの記録を元に探査エリアを選定して活動をしている。
密猟者とは区別されているものの、場合によっては逮捕対象になることもある。
 
階級
上級→A級:A+以上のエリアに行ける腕前と実績があるハンター
中級→B級:A~Bエリアに行ける腕前と実績があるハンター
初級→C級:C~Dエリアに行ける腕前と実績があるハンター
*昇級は実績による
*ハンター協会本部幹部はA級の上であるS級ハンターに分類。現在10名。
 
 
錬金術による文明の発展が目的であったが、アークバル地区全土を巻き込んだ「旧軍事帝国大戦」の引き金になったこともあり、戦後暫くは錬金術の使用が全大陸で禁止になった。その後は復活し、平和的利用を掲げている。現在は30名のみ錬金術師に認定されている。
伝承は師弟関係による直伝がほとんどであり、錬金術師本部が実施する認定試験の成績により合否と階級が決まる。専属錬金術師が一般的であり、フリー錬金術師はアダンの師匠であるアルギスのみであった。
 
階級
上級(archio'ter os)→ar:高等レシピおよび新レシピを作れる錬金術
中級(endi'ameso Ep'ipedo)→en
初級(stoichei'odes ep'ipedo)→st
*昇級は実績による。
*高等レシピ…入手困難な素材を使用して作られるレシピの総称。

職業一覧