読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カザルダ地区

the world 世界観
▼移ろいの森:A+~S(変移エリア)
椏彈が現在住んでいる場所。森の殆どが湿原となっており、水生動植物の宝庫となっている。巨大化した植物も多いが、少ない陸地に適応するため上へ上へと伸びた結果ではないかとされている。自宅は寄生植物の中でも最大種の一つ「グルガジュ」の樹上に構える、ツリーハウスとなっている。ASCや一部のハンターがカザルダ地区の拠点としても利用されている。根元には移ろいの森の主が住む「主の池」があるため、最奥地であるが安全地帯となっている。主の池のみに生息する水生植物もある。  
 
年中多湿多雨な気候だが、とある時期になると濃霧に覆われ動植物が活発になる(A+→Sにランクアップ)この時期の外出は大変危険で、外出する際には主に認められた者だけが所有する「主の鱗」が必須アイテムになる。主の認めし者は襲撃禁止という暗黙のルールにより、有事の際に鱗を見せて回避する。主は何千年、何万年と生きていると噂されているが実態は謎のままである。
→イラスト「移ろいの森」&絵本「移ろいの森 生誕祭」  

f:id:adan24:20160708230357j:image
 
 
▼不可侵の森:S (立ち入り制限エリア)
未開の地であった頃に多くの探検家が行方不明となった森。ASCまたはハンターのみ立ち入りが許可されている。貴重な動植物が多く、人を丸呑み出来る「人食い植物」など凶暴な性格を持った動植物も多い。耐炎性に優れた「エンカウツボカズラ」は人食い植物除けとして必須アイテムとなっている。不可侵の森の上空に存在する「思考の庭」により、この森が誕生したとされている。
 →イラスト「不可侵の森 椏彈散策中」  

f:id:adan24:20160708230551j:image
 
▼思考の庭:S+
不可侵の森の最奥地に出現する階段を上ると行ける場所。「思考の種」と呼ばれる数多くの種が芽吹きいる。それぞれの種に所有者がおり芽吹く姿が変化するため、一つとして同じものが無いとされている。所有者以外は庭の外に持ち出すことは出来ず、持ち出した瞬間枯れてしまうため、地上に持ち出すことに成功したものはいない。注意点として、ここは神の気紛れにより出来た場所のため、階段が突然消滅して二度と地上に戻れない場合もある。
→イラスト「思考の庭」  

f:id:adan24:20160708230652j:image
  
▼神の涙:B
アフラー砂漠の中央に存在する唯一のオアシス。砂漠の民であるアフラー族が住む居住区の中央に「神の涙」と呼ばれる湖が存在する。世界でも人と密接に関わって存在する場所は珍しく、アフラー族の信仰の場として現在も大切に守られている。湖の純度は高く、飲み水以外の目的で使用や採取は禁止されている。ただし、ASCによる調査は特別に許可がされている。
→イラスト「あの、毎度挟むのやめて下さい」 

f:id:adan24:20160709105840j:image
 
▼サビーナ王国跡地:A+(立ち入り制限エリア)
カザルダ地区でも指折りの巨大王国であり、隣国のオルレア王国とは何度か戦争を起こした国でもある。現在は当時の面影を残すものは殆ど無く、廃墟がわずかに残るのみとなっている。居城には王家が所有していた金銀財宝多く眠ると言われ、ハンターの間では7大ミステリーとして有名。発見されれば、歴史的価値は計り知れない。
 
ASCとしては現在継続調査は行われていない。理由として、アフラー砂漠に生息する生物よりも獰猛な生物が多く生息しており、これ以上の死傷者を出さないために立ち入り制限エリアに指定されている。ASCが立ち入る際には、カザルダ地区支部協会に申請を行う必要がある。跡地周辺ではアフラー砂漠でも希少な鉱石が採取出来る。
→イラスト「砂漠遺跡戦線」   

f:id:adan24:20160709105949j:image