読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今週のお題 参加してみようと思う

ブログ17日目。

はてなブロガーが参加出来る、お題記事に初参加してみようと思う。

今週のお題「植物大好き」で記事を書きます。

 

大学時代は環境学専攻で、人生の中で最も植物に向き合った時期でした。

卒業研究は野外調査メインで、砂浜に生育するとある植物について、1年間向き合いました。

今でもその時の感覚を覚えていて、砂浜に生育する代表的な植物は大体一発で見抜け、同定(名前が分からない植物を調べること)で培った観察力は、ほぼそのまま残っています。

 

そのとある植物がこちら。

f:id:adan24:20160514184416j:plain

知っている方は、かなりマニアックです(笑)

種名は「ビロードテンツキ」といいます。

 

砂の移動が激しい砂丘と呼ばれるような場所でも、生きているすごい子です。

それだけ生命力があるなら、何処の砂浜でも生きれそう…

ところがどっこい。このような生き生きした個体は、なかなか拝めないのが現状です。

この植物がどうすれば他の砂浜でも生きれるようになるのか?

1年間見つめるのは本当に大変でしたが、本来なら野生の植物は経年調査をやって初めて傾向が分かるもの。

本当にこの植物と向き合えているのか?たかだか1年で何が分かるんだ?

そんな疑惑も沸々と湧いたこともありました。

 

そんな試行錯誤を繰り返し、1年を経て、大学を卒業しました。

植物の生命力を間近に見つめ続けた1年間は、今でも良き経験であり思い出。

卒業研究が功を奏したのか、ビロードテンツキも含めて砂浜に生育する植物を守るための事業が開始されたとか。

 

今日も青々と逞しく生きているであろう彼らに、教わったことは計り知れない。

ただそこに居るだけで、彼らの生きる意義が成立してるように思えてならない。